Chatsubakiブランドについて

ブランドメッセージ

Chatsubakiブランドについて

椿といえば、美しく印象的な花ですが、同じツバキ科でも、お茶の花は、下を向いてひっそりと咲く白い花で観賞用とはいえません。華やかで上品な椿と、素朴な中にもしっかりとした強さを秘めたお茶の花を合わせたイメージを「chatsubaki(茶椿)」というブランド名に託しました。私たち「chatsubaki(茶椿)」の目指しているのは、Chatsubakiブランドについて「凛としていて、たおやかな、美しい女性」です。本来の美しさとは健康な心身から生まれるものだと考えております。美しくなろうとする気持ちを大切にしていただきながら、本当に良い素材のものを使っていただきたい。これが、「chatsubaki」の基本的な考え方です。

今後 私たちは、この「chatsubaki」ブランドから、納得のいく素材だけで作ったスキンケアをはじめ、無農薬にこだわったお茶やツールなどをご提案いたします。

チャツバキについて

代表挨拶
チャツバキについてお茶どころである遠州森町のお茶問屋に生まれ育ち、いつかは家業を継ぐべく、どこかで自分なりのお茶のアプローチを探しておりました。ただ、リーフでいれる緑茶は、まだまだ若い世代には馴染みが薄いのが現状ですし、私自身、お茶屋に生まれながら、緑茶に対する関心もあまりもてないまま過ごしていました。 大学卒業後に百貨店で大手化粧品メーカーの美容部員を経験した際、ひどい肌荒れに悩ませられたことが、第1弾の「KAORI FACE PACK」の開発のきっかけとなりました。そのとき、緑茶の研究では第一人者である大森教授の本を読み、身近にある粉末茶で即席のパックを作って、試したところ、その素晴らしさを実感したのです。これが、私の緑茶との新たな出会いとなりました。そして、数年の試作期間を経て、お茶のスキンケア製品「KAORI FACE PACK」・「KAORI FACE WASH」を発売することになりました。現在は、 「KAORI FACE WASH」のみ販売をしております。


また、緑茶の素晴らしさを、広くアプローチする機会を模索しながら、お茶の知識やお肌に対しての知識を高め、お客様にお伝えしたい。という思いから日本茶インストラクターや日本エステティック協会認定エステティシャンの資格を取得。まだまだ勉強の毎日ですが、今後もよりお客様にお喜びいただけるような製品を作っていきたいと思っております。また、働く女性として、2人の子をもつ母としての視点も活かしながら、このお茶のスキンケア製品をきっかけに日本茶に親しむという文化を、私なりの方法で一人でも多くの若い人たちに伝えていけたら光栄に存じます。

長田香織 (おさだ かおり)【プロフィール】
長田香織 (おさだ かおり)
大手化粧品メーカの美容部員を経て、かおりフェイスパック、かおりフェイスウォッシュを開発。
日本茶インストラクター。
日本エステティック協会認定エステティシャン。

会社概要

名称 株式会社 おさだ製茶 Chatsubaki事業部
代 表 者 長田 香織
事業内容

無添加スキンケアの企画・開発・販売等

所 在 地

〒437-0215 静岡県周智郡森町森1522-1


大きな地図で見る
フリーダイヤル 0120-1646-89  FAX 0538-85-1448

このページのトップへ